FC2ブログ

必然の行方

広場の駐車場で素敵なご夫婦をお見かけしたので、ちょっと声をかけてしまった続編です。

素敵なので写真を撮ってもいいですか?そこから始まったお話です。

偶然の行方(10月27日)

201710262257582fe.jpg

せっかくだから我が家でお茶でもという話になりました。

‥‥お誘いはしたものの、障子は貼りかけだわ、洗濯物干しっぱなしだわ、子猫は猫砂を蹴散らしてるわ、暖かくなってカメムシは大発生してるわ、とても人を招くような状態ではなかったのですが、ここまで来ていただいたら全て見ていただこうと上がっていただきました。

ひと通り家を案内しました。ご主人はセルフリフォームもご趣味、面白がって家の裏手まで見ていかれました。

お茶を飲みながら話しはじめて間も無く、このご夫婦‥‥‥実は私が若い頃お世話になったスポーツスクールのオーナーさんでした。
お互い面影が‥‥全くない。事が判明してもすぐに理解できない数分があり‥‥記憶を一生懸命思い出そうとした時、御主人の優しい眼差しが当時Tシャツ、ジーンズ姿の先生と重なり、記憶が蘇りました。

たしかに、一緒に時間を過ごしたひと夏がありました。

裏方のお仕事担当だった奥様も私をよく覚えていてくださいました。私がまだ小さかったお子さんと遊んでたりして、私のことを家で話してたそう。その息子さんもすでに成人されています。
奥様のおうどんをご馳走になったり、打上げに参加したり、あまりにも昔すぎて覚えている場面がバラバラなんですが(^。^)話は尽きません。


すぐにわからなかったのは容姿の変化だけでなく雰囲気が全然違うのですね。当時はスクールを立ち上げたばかり、一番下の子は赤ちゃんで、お二人とも本当に頑張っていらっしゃいました。例えでいうとデビューしたばかりのサザンオールスターズの桑田さんが歳を重ねてハリソンフォードになったイメージ。余計わからん(^^)

201710310722257ea.jpg

「また楽しみがひとつ増えたよ」

そんな言葉を残してハリソンフォード夫妻は帰って行かれました。苦難を二人で乗り越え今の生活を楽しむお手本のようなお二人、生まれて初めて車のエンジン音っていいなと思いました。
今の再会を喜ぶとともに頑張って来た過去を懐かしむ濃密な時間となりました。

そう、これは「出会い」ではなく「再会」だった、不思議なお話でした。




ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

まつり

昨日は町の最大級のイベント、鮎まつりの日でした。郡上和良町の鮎はブランド鮎として有名です。
この町の人は、本当にお祭りを大切にしています。そしてさらに大事にしている和良鮎のお祭りなので熱気がハンパない。

私は、鮎飯などのお手伝い。数日前から駆り出されています。ブログが滞っていたのはそのせいです、いや本当。
20171030051532005.jpg

屋台で出すお弁当、いかに美味しく召し上がっていただくか手間暇をかけて炊かれた鮎飯です。
秘伝の味や炊き方を教えていただきました。「手間暇をかけて」「この炊き方を守って」何度もこの言葉を聞きました。本当にこの地に迎え入れていただいているようで涙が出ます。‥「写真とか撮ってないでっ!!」とか怒られるのも含めてです、泣いてる暇なんてないぞ。

作業中、皆さんコミュニケーション能力が高いんです。炊き込みご飯、おはぎ、ドーナッツ、焼きそば‥少人数でこれだけを用意してしまう力。祭り事を大事に繰り返す皆さんだからできるチームワーク。そしてこの勢いと笑顔がご飯にも炊き込まれます。

20171030051537a77.jpg

ついでにヘボ飯も。
最近は収穫が落ちているヘボ=地バチの炊き込みご飯。岐阜県東濃地方の名物ですが、中濃のここでも少し用意します。このヘボ飯目当てに祭りに足を運ぶお客さんもいらっしゃるそうです。


201710300515327ab.jpg


あいにくの台風接近中、午前中は土砂降り。警報が出れば即中止という悪天候の中、たくさんの方が足を運んでくださって、私たちが用意したヘボ飯は午前中に、あゆ飯は午後早々に完売いたしました。
身体は冷え切っており、うちに帰ると疲れと温度差で半身に蕁麻疹が(^。^)
半身ブツブツでもなんだかやりきった感みなぎった嵐の夜でした。

20171030051521a1d.jpg

ふと、山の神様の優しい気配を時々感じます。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

偶然の行方

広場の駐車場で素敵なご夫婦をお見かけしたので、ちょっと声をかけてしまいました。

素敵なので写真を撮ってもいいですか?

201710262257582fe.jpg

お話しするとさらに素敵。聞かれてもいないのに自分のことやこの町のことをいろいろ話していました。知らない人に話しかけるなんて自分の行動にもびっくらですが、話の内容も初対面の人にする話ではなかったかな。

これから反対方向に用事があり向かうと聞き、お別れして私は自宅へ向かいました。
またご縁があればと挨拶をして。


車で走り出すと急に悲しくなりました。私、完全に変な人だった‥‥なんで声かけちゃったんだろう。何がしたかったんだろう。大反省です。

涙がこぼれそうになった、その時。

201710270620481d1.jpg

先ほどのご夫妻の車が爽やかに私の車を追い抜いていきました。私の変な話に興味を持って追いかけて来てくれたのです。


写真載せてもいいよと許可取ってありますが、素敵な車すぎてやや心配。でも載せます(^。^)


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

ポポーパン

201710262007178ec.jpg

イソパンさんからポポーの酵母で作ったパンとブルーベリージャムが届きました。

自然酵母で作ったパンです。

ポポーはアジア原産の幻の果物。洋ナシ、バナナ、カスタード、アイスクリームの味がします。
20171023002724503.jpg


夏にイソパン夫妻のパン教室に参加させていただいたのですが、自然酵母で作るパンなるもの、私の中ではかなり謎です。

ポポーの味はしませんよ。ポポーの酵母菌ですから。

しっとりもちもちですから。謎だらけでも美味しいのです。



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

にんにく

道の駅の直販所でにんにくの生産者さんにお話を伺うことができました。
9月末に植えたにんにくの芽が出ないんですよ、と心配事相談。
しばしにんにく栽培のコツ、土、肥料、雑草対策など教えていただき、小さいのでよかったらと袋いっぱいのにんにくまでいただきました。

20171025004212d88.jpg

そんな場面をここへ来て何度か経験しています。ものをいただくこともですが、いろいろお話を聞かせていただくことがとにかくありがたい。種の袋や本には記載されていないこの土地、この気候ならではの注意点。みんな優しい。

ニラ

20171025004226e27.jpg

落花生

201710250042260fb.jpg

ささげ

20171025011945398.jpg

厳しい自然の現実に直面することもありますが、みなさんに励まされます。

201710250042204b3.jpg

台風の後、9月末に植えたにんにくが発芽していました。道の駅で心配ないよと言われた通りです。
自然もちょっとだけ優しく、ありがたい。感謝。




ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

嵐の後に

ブログ記事が100件になりました。
みなさまの応援のおかげでなんとか続けることができました。ありがとうございます。

昨夜の台風、このみぼら農園では前回のような被害はありませんでした。
前回の被害‥といっても本当にわずかなことですが、自然の中で生活していると、自然は不平等のようで実はなによりも平等、人の生老病死ですら、この流れの中の小さなできごとのように感じます。


畑仕事の後、山の林道を見に行ってきました。

201710240530482ef.jpg

2017102405303522c.jpg

20171024053047aa8.jpg

201710240530394eb.jpg

20171024053025ab3.jpg

何が起こっても自然は先へ進み続ける。
このみぼらで初めて迎える冬はもうそこまで来ています。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

経験

台風が中部地方上空を通過中です。雨は降り続いていますが、風はさほど強くない印象。
このまま通過してくれれば嬉しいです。皆様のところにも大きな被害などないようお祈りいたします。

前回の台風では獣害柵も一部飛ばされ、マルチも剥がれてしまいました。
今回は、風を受けたであろう柵の目隠し部分の細かいネットをまとめてたくし上げてきました。

201710230016285e3.jpg

また、マルチも風で飛ばされることのないよう止め部分を確認、不安なところには石を乗せて補強してきました。
台風対策も一度経験すると備え方が見えてきます。
大s雨の中の作業でしたが、前回より少しお利口さんになった気がしました。

クリキ農園からは完熟ポポーが届きました。嵐で落ちてしまうからねと。

201710230016303ad.jpg

幻の果物ぽぽーはこんな感じ。
以前、熟し始めた頃は洋梨のような食感でしたが、完熟はバナナ風味と聞いていました。

幻の果物(9月26日)

20171023002724503.jpg

バナナに似ていますが、もっと上品な感じです。洋食屋さんのフルーツジュースのようなカスタードプリンのような風味でした。スプーンですくっていただきます。おいしー。
クリキ農園も大きな被害がありませんように。ポポーも落下しませんように。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

悪魔の舌

2日前にこんにゃく芋のことを書いたんですが、こんにゃく芋の花ってご存知ですか?
英語名は「devils tangue 悪魔の舌」、花の形が由来となっています。

花だけでなくこんにゃくは見れば見るほど不思議な植物です。
毎年芽を出してから枯れるのを繰り返し、芋を太らせます。
花が咲いたらその芋の一生は終わり。芋は消えてなくなるそうです。
栽培種は出荷されてしまうため花を見ることはありません。

201710220503130b2.jpg

花がない姿もちょっとバランスが悪い。茎もよく見ると変な模様が入っていて、全くインスタ映えしない。
葉は何枚もが繁っているように見えますが、これ一枚の葉っぱだそうです。

山に自生しているヤマコンニャクは大抵一株、または少し離れてふた株程度ニョキッと生えています。
こっちをみているような存在感です。
マムシグサとかヘビノダイハチとか別名があるようです。

20171022050728472.jpg

ここまで引っ張っておいてなんですが、夏の初めにヤマコンニャクの花の写真を何枚かとったはずなんですが捨ててしまったようです。(^。^) すいません。

花の画像がない代わり‥‥と言ってはなんですが、花が咲いた後にこんにゃく芋は実をつけます。
それが今の季節。これがまた‥‥若干閲覧注意の域です。




↓↓





↓↓





↓↓












20171022050719cfb.jpg

近影 ‥‥‥‥キャーッ

20171022050723917.jpg

栽培種も成熟すれば、悪魔の舌のような花が咲き不気味な実をつけて種を存続させるそうです。
なぜその姿を選んだのか?

不思議な、不思議なこんにゃく芋。ヤマコンニャク、もう少ししたら掘りだそうと思ってましたが、今回調べたら毒が強いらしい、残念。

悪魔の舌の画像は来年の夏(^。^)‥待てない方は画像検索でお願いします。

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

薪ストーヴ その4

薪ストーヴ設置までの続編です。

薪ストーヴ その1
薪ストーヴ その2
薪ストーヴ その3

いよいよレンガが積み上がりました。芯になる鉄軸を切っていきます。
20171020035818203.jpg

終盤になって気がついたのですが、先生に習ったレンガの積み方は、こうなるはずでした。
目地切りと言ってモルタルがレンガよりはみ出ない感じで。

20171020042242d36.jpg

全然違うやん。レンガも歪んでるし。目地切り鏝も用意してるのに なぜ目地切らない‥‥夫婦間に冷たい空気が吹き荒びます。

201710200347502c0.jpg

作業を見に来たマコトさんや大工のタケさん、その他大勢の方が「味があって、これはこれでいいよー」と、なだめて褒めてくれました。
不思議と、なんとなくこれでいいような気がして来ました。
コイケ先生は「ヨーロッパの積み方に似てるね」

20171020034756574.jpg

‥‥急遽ヨーロッパ調ということで。

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

こんにゃく芋

手作りこんにゃく。
頂き物ですが、美味しかったー。こんにゃくは自分で作れるんですね。
20171021042318ee8.jpg

山をよく知る方にこんにゃくの種芋もいただきました。
こんにゃくは、アクが強く獣の害が少ない作物です。「あそこで農業を始めるならこれを植えてみなさい」といただきました。

20171021042315c2e.jpg

さっそく柵をしていない山の段々畑に植えました。

20171021060120edf.jpg

ワサッと茂っております。株の間隔が近すぎました。
これが枯れたら掘り出して、冬の間家の中で保存します。
寒さには弱く、凍るとそこから腐ってしまうそうです。春になったらまた土中に戻します。
収穫は3〜5年かかりますが、この作業だけで芋は大きくなっていくそうです。

201710210423246f7.jpg

森を散策していると野生のこんにゃくが所々にみられます。土深くなら寒さにも負けず自生できるらしいです。
目印となる芽(?)は、秋を過ぎると跡形もなくなくなってしまうので、印をつけておきました。
冬直前に掘り出してみようと思います。

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

プロフィール

このみぼらの嫁

Author:このみぼらの嫁
岐阜県 郡上市和良町の山間で農業を始めました。

最新記事
応援お願いします
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: