FC2ブログ

コノハズクの教えてくれたこと

少し前のお話です。

主人が農作業中、木陰に何かの気配を感じて覗いてみると小さなコノハズクが怪我をして疼くまっていました。

20180807012050e22.jpg

怪我の具合は思いのほか重症で衰弱もしていたようです。
大きな鳥に襲われて、命からがら木の下に逃げ込んだのでしょうか。

ご近所のナオキ先生に聞いたところ、とりあえず振興事務所に相談、事務所から二人の職員さんが駆けつけてくれました。
他方に連絡を取り、翌日県内の野鳥保護センターに届けられることになりました。

そして明日朝までの一晩は地域起こし協力隊のメグ姐さんのお家に預けられました。


野鳥が怪我をしている場合は、自治体に報告すれば、野鳥保護センターや飼育施設に届けてくれます。

ですが、特別天然記念物などではない野鳥を見つけた場合、無理に保護しなくても良いようです。

鳥たちにも自然治癒力があり、一時的に動けなくなっても時間を経て飛べるようになる時もあるそうです。
また、野鳥の中には病気を持っていたり、攻撃性が高く保護した人に襲いかかる場合も。
保護しなかった場合、キツネや猫に襲われることもあるかもしれませんが、自然の摂理の範囲なので、そのままそっとして立ち去ることも正しい選択肢なのだそうです。

そして翌朝、残念ながらコノハズクは、メグ姐さんのお家のカゴの中で冷たくなっていたそうです。
かわいそうですが、仕方ありません。


その数日後、主人が鹿猟デビューを飾りました。

罠の先生と主人、それにナオキ先生も加わって、括り罠(くくりわな)の手入れをしながら楽しそうに盛り上がっておりました。

先日、小さなコノハズクの命のリレーの発端となった二人。
今日は、害獣とは言えど真逆のお仕事ですが‥


うまく説明できないのですが、田舎暮らし、色々な命との向き合い方がありますね。


20180807012054330.jpg

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

真夏の神楽

都市部に住んでいた時は、地元のお祭りなんて行ったことありませんでした。

お祭り、盆踊り、屋台、人混み、りんご飴‥思い出されるのはそんなことで、なんのためにお祭りをしているのか、人が集まっているのか考えたことはありませんでした。


山あいの町、和良町では各区ごとに神社があります。
昔、この町が林業などで栄えていた頃はどこの区でもお祭りが盛大に行われていたようです。

現在、過疎化した地区から少しずつ簡略化の傾向にあり、私たちの区でも悪魔祓いの舞と神事だけになってしまっていました。
20180804233745e9b.jpg

で、神事の後のお食事会の席で、移住した人も増えてきたので、なんとか神楽を復活させられないかと話が盛り上がったのが、去年の話でした。


ー そして今年。

神社にのぼりが立ちました。
狛犬もこの日は一段と凛々しい。。余談ですが、こちらの狛犬、狼(山犬?)なのです。

20180804234138e43.jpg

立派な神楽舞台もトタンが外され、準備できました。
この日のために、皆で古いDVDを見直して舞と神楽の練習を重ねました。

2018080423410751d.jpg

獅子の舞。獅子の表情がわかる素晴らしい舞です。

20180804234102e3a.jpg

おかめ、ひょっとこの掛け合い。今も昔も男女の機微がなかなかに面白い。

201808042340548c8.jpg

命の危険を感じるような猛暑の中のお祭りでしたが、ここだけは境内の銀杏の木がみなを守るように木陰を作ってくれて暑さを感じませんでした。とにかくビールが旨い。

20180804235000a77.jpg

今年、お食事会はなかったものの銀杏の木陰でみんなが祭の復活を喜んでくれているのがわかりました。
20180804234114c6e.jpg

祭り、本当にいいね。何に感謝し、なんのために祈るのか、よく分かったような気がします。

実は、私が龍笛、同じく移住してきたタカギさんが獅子の舞を舞うはずでしたが、そうそう簡単ではなく、今年は参加できませんでした。また来年に向け頑張りたいと思います。


練習の様子も和良起こし協議会Facebookに取り上げていただきました。7月30日の記事です。

わら起こし協議会


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

プロフィール

このみぼらの嫁

Author:このみぼらの嫁
岐阜県 郡上市和良町の山間で農業を始めました。

最新記事
応援お願いします
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: