FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の神楽

都市部に住んでいた時は、地元のお祭りなんて行ったことありませんでした。

お祭り、盆踊り、屋台、人混み、りんご飴‥思い出されるのはそんなことで、なんのためにお祭りをしているのか、人が集まっているのか考えたことはありませんでした。


山あいの町、和良町では各区ごとに神社があります。
昔、この町が林業などで栄えていた頃はどこの区でもお祭りが盛大に行われていたようです。

現在、過疎化した地区から少しずつ簡略化の傾向にあり、私たちの区でも悪魔祓いの舞と神事だけになってしまっていました。
20180804233745e9b.jpg

で、神事の後のお食事会の席で、移住した人も増えてきたので、なんとか神楽を復活させられないかと話が盛り上がったのが、去年の話でした。


ー そして今年。

神社にのぼりが立ちました。
狛犬もこの日は一段と凛々しい。。余談ですが、こちらの狛犬、狼(山犬?)なのです。

20180804234138e43.jpg

立派な神楽舞台もトタンが外され、準備できました。
この日のために、皆で古いDVDを見直して舞と神楽の練習を重ねました。

2018080423410751d.jpg

獅子の舞。獅子の表情がわかる素晴らしい舞です。

20180804234102e3a.jpg

おかめ、ひょっとこの掛け合い。今も昔も男女の機微がなかなかに面白い。

201808042340548c8.jpg

命の危険を感じるような猛暑の中のお祭りでしたが、ここだけは境内の銀杏の木がみなを守るように木陰を作ってくれて暑さを感じませんでした。とにかくビールが旨い。

20180804235000a77.jpg

今年、お食事会はなかったものの銀杏の木陰でみんなが祭の復活を喜んでくれているのがわかりました。
20180804234114c6e.jpg

祭り、本当にいいね。何に感謝し、なんのために祈るのか、よく分かったような気がします。

実は、私が龍笛、同じく移住してきたタカギさんが獅子の舞を舞うはずでしたが、そうそう簡単ではなく、今年は参加できませんでした。また来年に向け頑張りたいと思います。


練習の様子も和良起こし協議会Facebookに取り上げていただきました。7月30日の記事です。

わら起こし協議会


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓
スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

プロフィール

このみぼらの嫁

Author:このみぼらの嫁
岐阜県 郡上市和良町の山間で農業を始めました。

最新記事
応援お願いします
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。