FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪ストーヴ その2

朝晩冷え込むようになってきましたね。
薪ストーヴ設置までの続編です。

薪ストーヴ その1

ストーヴの位置は家の真ん中の部屋になりました。
本体や煙突、台座を含めて重量がかなりになるそうですが、ちょうどこの位置に太い梁が走っており重さに耐えられるだろうとのことで基礎の補強はしませんでした。

201709250504097ac.jpg

台座は煉瓦になります。掃除する立場から言えばタイルにして欲しかったのですが、主人が譲りませんでした。
煉瓦の積み方は古民家塾で少し習ったのですが、素人仕事では不安な部分なのでここはプロにお願いしました。
古民家塾でもお世話になったコイケ先生です。

20170925050409c1f.jpg

通常薪ストーヴの基礎は床より下がっていることが多いようですが、家とストーヴのバランスを考えて一段高くしましたとのこと、埃もたまりにくく掃除がしやすいと思いますと。ありがとうございます、大事なことです。

20170925050409303.jpg

匠の技に感動しつつ、リフォーム計画ではこの基礎部分も自施工という選択肢もあったのですが、主人の英断でこちらはプロの方にお願いしました。やっていたら大変なことになっていたと思います。そのお話は次の機会に。

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

二階サバイバルー床編

二階の修繕の続きです。

二階への階段(9月3日)の記事はこちら

続きとはいえ二階は大規模な改修はしておりません。住める程度の手直しです。

20170921012746fd6.jpg

いろいろなところに隙間があり、光が差し込んでいます。土壁も所々に小さな穴が‥‥住める程度の手直しで住んでしまっていいものか、当時の私はかなり不安でしたが、今、特に問題もなく暮らしています。穴については埋めていますが、隙間は基本そのままです。

この家の二階はご先祖様の代から物を置くだけ、空き家になってからは小動物の住処になっており、家主さまもほとんど上がったことはなかったそうです。

20170921012746bc4.jpg

フローリングというよりは、板一枚の天井で隙間から下が覗けます。
そんな板場をどのように綺麗にしたかというと、ひたすらほうきとモップでがんばりました。掃除機も使っていましたが、途中で壊れました(TT)

201709210127460ea.jpg

モップの水は一回で真っ黒になります。同じ場所を3回拭けば除菌、5回拭けば滅菌レベルと言い聞かせながら何度もバケツを運びました。当然下の階に埃が落ちるので、家具を運び込む前の通いの掃除になります。自分で自分を褒めてあげたい、まさにそんな心境でした。あ、自分たち(^。^)です。

2017092101274623b.jpg

板や断熱材を入れるなど大工さんらと相談しましたが、何もしないことになりました。他の改修があることと、数年前までは家主さまのお母様がお一人で住んでいらっしゃったのだから大丈夫‥‥なはずということになりました。とはいえ、少しの断熱効果と埃対策で建築用養生シートを主人が一面に貼ってくれました。

20170921012746a9f.jpg


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

女子力アップ

「おーい、出て来てごらん」と主人の声。
倉庫をひとりで片付けてくれていましたが帰って来ました。
玄関を出ると軽トラの上にレトロなミシンが‥

20170913002125038.jpg

家主さまのミシンです。
「ガラクタは処分してください。使えるものは使っていいよ」と言ってくださってますが、倉庫まで手が回らず後回しになっていました。明るいところで見たのははじめて、思った以上にちゃんとしてます。というか、かなり女子にとって素敵な品です。

リフォームも途中ですが、ぜひ直して使いたい!

20170913002125f1f.jpg

「机の中に何か住んでたと思う」と主人。
何者かが落ち葉を運んで生活していたようです。
他にも小さな引き出しには、地蜂の巣が。
20170913002125280.jpg

直るのか?

‥‥しばらくは磨いて鑑賞いたします。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

二階への階段

かつて養蚕が盛んだったこの辺りの古い家には、ほとんど天井の低い二階(=中二階)があります。
なかなか魅力的なフリースペースなのですが、床や壁は全て一枚板、隙間だらけ‥‥住めるように直すには経済的、物理的にも無理があります。とりあえず、一階のみの改修になっております。

とはいえ、この雰囲気、古民家の魅力でもあるので、いずれは有効利用する方向で直しています。
20170903231235dd2.jpg

階段は風呂場付近についていましたが、脱衣所拡張にともない全く別の場所に移しました。階段自体は残します。
画像は仮置き中。
201709032310517b6.jpg
大工さんが階段の上り部分を作ってくださったので、自分たちで崩れかけた壁を漆喰で塗りました。
20170903231059c29.jpg
漆喰の白は古い建てつけに映えます。素人施工ですが表情がキリッとしました。
20170903231054e92.jpg
すべて外したところ。ここの床も自分たちで貼りました。
20170903231059fdd.jpg

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

お風呂

浴室は、なかなか趣のあるタイルのお風呂でしたが、細かな破損箇所があったり、脱衣所がかなり狭かったり全面改装となりました。実は、大手メーカーのシステムバスを入れたので「古民家再生」などと言えない部分ではあります。しかし、これからの人生を過ごしていくのに、特に寒冷地、ここはちょっとの新しさと便利さを取り入れるのも選択肢としてありかなと思います。
私たちが手を入れたのは脱衣所です。二階への急階段を無理に仕切ってお風呂を増築してあり、脱衣所は猫の額ほどのスペースでした。
20170825210754b12.jpg

大工さんが施工した脱衣所の塗装をしました。四方の壁は下塗り材と漆喰を、天井にはオスモ塗料を塗りました。
漆喰はクロス張りより費用が高いと思いますが、自分たちで塗ることで費用を抑えています。

201708252105186db.jpg
古い家の中に新しいシステムバスがあるわけですが、2つの空間をつなぐ脱衣所の白い漆喰はどちらの雰囲気にもあっているように感じます。素人が塗った壁なのでよく見るとムラムラですが、漆喰の良いところでムラも味に変わり、あまり気になりません。
洗面台もシステムキャビネットですが、すっきりした印象にしたくて上半分をキャンセルし別で気に入ったミラーを購入しました。
20170825210517204.jpg

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

プロフィール

このみぼらの嫁

Author:このみぼらの嫁
岐阜県 郡上市和良町の山間で農業を始めました。

最新記事
応援お願いします
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。